脊柱管狭窄症からくる座骨神経痛と診断されたが走ることが出来るようになった!

感想をお聞かせください

突然朝左足の外側に激痛が走り、だんだんと痛みは増すばかり、朝起きて足をつくのさえしんどい状況でした。

整形外科で検査してもらうと脊柱管狭窄症からくる座骨神経痛との診断で大量の薬と湿布薬を処方されましが、痛み止めの服用薬も湿布薬も殆ど効かず困ってました。

日々の歩行にも苦労するようになってきて、また整形外科へ行っても話を聞いて、薬を処方されるのみ。

何とか日常生活ができるようにと携帯でホームページを調べて当院を知りました。

初めの受診で「日常生活に支障のないように治療するのに1ヶ月を目安にしてください」と言われ希望がわきました。はじめは週2回、その後週1回通いました。

先生の言われた通り3週目ころから痛みがどんどん軽減して歩くことが辛くなくなってきました。2ヶ月をすぎる頃、痛みは殆どなくなり、時々しびれが出るくらいになりました。

そして2週間に1回、1ヶ月に1回と順調に回復し、日常生活に支障がないどころか走ることもできるようになりました。

結局整形外科では、薬による対症療法かブロック麻酔法はリスクを伴う手術くらいしか手段がないということらしく大変です。

先生のREX整体により治療をして頂きここまで回復できたことに感謝の気持ちで一杯です。副作用やリスクもない、整体は先生のような方に出会えれば素晴らしい効果があると実感しました。ありがとうございました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

背中の痛み4
背中の痛み3
背中の痛み2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加