50肩3

右肩の痛み

三上さま 67歳 女性

昨年4月の初め頃から、右肩に鈍痛を感じるようになりました。

そのうち治るだろうと様子を見ているうちに、気づけば鈍痛は激痛に変わり

右の腕が上がらなくなっていました。

マッサージに通っても良くならないので、カイロプラクティックの施術、

整形外科ではレントゲン、大きな病院ではMRIを撮り細かく診てもらいましたが、

どこも一様に「骨に異常は無い。重度の五十肩なのでそのうち治るでしょう。」

との診断結果でした。

処方されたかなり強い痛み止め、湿布、肩への注射などでは痛みが軽減する事は無く、

痛みで夜も眠れぬ日が続き、激しい痛みを我慢するのが精一杯で、何もする気になれない憂鬱な毎日でした。

そんな中、五十肩にしてはあまりにも痛みが激しいので、何か他に原因があるのではないかと思い、

まず「玉造、五十肩」で検索を掛けてみると、いちる整体院のHPが目に留まりました。

その中に「肩の痛みに、肩関節のずれ(亜脱臼)が生じていることもあります。」

との記述を見つけました。

とっさに、これかもしれない!と思いすぐ予約をさせていただきました。

今まで行った病院とは違い丁寧肩の状態を診て下さり、関節が正しい位置にないとの判断を下さいました。

そして肩の関節を正しい位置に戻す施術をして頂くと、痛みが嘘のようにスーッと、消えました。

それと同時に、右腕を左肩に近づけると耳と首すじにキーンとした痛みが走る事までも無くなりました。

痛みに悩んだ3ヶ月半の日々は何だったのだろうか?と困惑するほどの嬉しい驚きでした。

痛みとは別に、右腕が上がらない理由であった『筋肉の拘縮』もかなり進んでおり、右腕の上方向の可動域は90度しかありませんでした。

このまま元には戻らないのではないかと不安でしたが「治療していけば、序々に良くなりますよ。」と言って頂けたのでホッと致しました。

先生のお言葉どおり4回目の治療後の今、右腕の可動域は155度にまで回復しました。

目標である180度になるまであと一息。

受診するたびに、可動域が広がって行くのがとても嬉しくて、診察の日が楽しみです。

先生には本当に感謝しております。ありがとうございます。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

原因が心臓の左心室の循環が悪くなっている事による体の悪さで、それを治すとめまいが治り、身体が軽くなり、頭のモヤモヤがスッキリして頭痛も肩こりも吹き飛びました。 お客様写真
自律神経失調症による首肩こり、頭痛、めまい、動悸、胸の痛み、過呼吸が改善! お客様写真
50肩2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加