JR玉造駅北口より徒歩4分

大阪市東成区東小橋1-13-2

06-7508-8026 完全予約制

休診日
火曜・金曜
受付時間
午前 11:00~14:00 / 午後 17:00~21:00
※初診の方は13:00、20:30までの受付
(日曜のみ19:00まで)

『生理痛と腰痛』が同時に出る原因と対処法は?

生理痛,腰痛,原因

生理痛腰痛が一緒に出やすい方は多くおられます。

どっちかだけでもキツいはずなのに両方出るってかなり辛いですよね。

でもその原因が分かれば、対処の方法だって分かるはずです!

今回は、少しでも生理痛も腰痛も今より痛みがマシになる為にその原因と対処法をお教え致しますね(^^)/

生理痛,腰痛,原因

生理痛と腰痛が一緒に出てしまう理由とは?

昔から生理日付近のタイミングで腰痛が出てしまう方は多くいると思います。

しかし、今現時点でそれが普通と思っていませんか?

必ず昔から腰痛が出るからと、今回もまた出る!と思っていると脳がその記憶を定着させてしまい同じ腰痛を出す場合があります。

諦めずに腰痛も生理痛もこれから行う原因の対処法で減らしていきましょう。

生理痛,腰痛

腰痛と生理痛の原因とは?

まず生理前から痛みが出てくる方もいれば、生理を迎えてから、終わった後に痛みが出る方もいます。

全てに関係するのは女性ホルモンです。

女性ホルモンに変動がある時に、比較的痛みを起こしやすくなります。

これは子宮自体の収縮が関係し、ホルモンが多く出た時に収縮が強く起こると生理痛がキツく出たりします。

下腹部痛はほぼこれらの痛みになります。

ですが人によって生理痛と一緒に腰痛だけで無く頭痛が出る、昔の痛めた所が痛くなる。

イライラする、等の不調を訴える事をよく見ると思います。

これは正直どれだけ普段からそこに痛む原因を作ってるか?

生理期間中は体内に「生理周期という変化」というストレスが加わります。

その「身体が敏感になったタイミングで症状が出てしまうかどうか?」が問題になります。

生理痛,腰痛

生理痛や腰痛を作ってしまう体の状態と対処法とは?

生理痛や腰痛を作ってしまう体の体質は自律神経に作用されます。

自律神経が乱れた状態で身体にストレスが入ると普段から負担のかかる所に痛みが出やすくなります。

では自律神経を整える対処法とは?

  1. 悪い食べ物を食べない。
  2. 水分をしっかり取る。
  3. 一日5000歩以上は歩く。
  4. 睡眠は寝たー!って思うほど取る。
  5. 同一姿勢のタイミングは2時間以内か?そのタイミングでトイレにも行けてるか?
  6. ストレスは溜めずに外にしっかり出せているか?

これらの対処法を行うと、これらが原因で乱れていた自律神経が整います。

すると生理痛が出ても痛さが減ったり、腰痛も出る痛みの強さが減ったり、腰痛自体出なくなったりします。

これらの対処法を行えない、または行っても効果が出ない場合は自分では改善出来ない所まで来てるかもしれません。

この場合は自律神経や内臓を調整が出来る整体を受けて回復させてあげると悩みが解決出来ると思います。

まずは普段の私生活①から⑥の改善と、身体を昔とは違う体質にするのが最初の一歩になります。


生理痛でお困りならいちる整体院へ

大阪で生理痛の治療に実績のある整体院をお探しならJR玉造近くのいちる整体院へお越しください。
いちる整体院は、生理痛をはじめ、不妊症、更年期障害、PMS、腰痛でお困りの多くの患者さんや産後の骨盤矯正で多くの患者さんが来院されている整体院です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

06-7508-8026